事務職の転職求人

事務職に転職する為のおすすめ求人サイト

リクナビNEXT[事務関連求人数業界最大級]
詳細
★★★★★
  • 転職者の90%が利用している信頼性の高い求人サイト
  • 事務職の求人数が他サイトより断然多い!
  • 無料登録で非公開求人も見れるので就職したい企業を見つけやすい
  • 企業情報を多く掲載されているので企業研究がしやすい
  • 利用者の声
    良かった
    未経験可の積極的な求人が多いので助かります。求人詳細ページも他のサイトより凝ってるものが多いから見ていて楽しいですね〜(22・女・会社員)
    良かった
    プロのコンサルタントからアドバイスをもらって前職を活かせる転職活動ができました。私は利用しなかったけれど、レジュメ登録すると企業からのオファーを受けることがあるみたいですね。(31・女・事務職)
    良かった
    会員登録が簡単でよかったです。Yahoo!IDを持っていたから登録時間も数分で終われました。(33・女・求職中)
    普通
    スカウト機能は便利ですね。「とりあえず登録しておこう」って感じでも十分ですし。ただ地方はそんなに求人がないかも。(23・女・求職中)

    リクルートエージェント[顧客満足度No.1!]
    詳細
    ★★★★
  • アドバイザーに希望条件に合う求人を紹介してもらえる
  • 模擬面接や職務履歴書の書き方などの転職ノウハウを聞くことができる
  • 利用者の声
    良かった
    同僚がリクルートエージェントを利用してい業界の事務職で転職したので、私も登録してみました。 登録して担当者と面談後、転職に関する心構えだけでなく書類の書き方のアドバイスから面接指導までしてくれたのでとても役立ちました。(20代 男性)
    良かった
    私は都心ではなく地元での転職を考えていたので、なかなか希望に合う求人はありませんでしたが、 担当のコンサルタントがとても熱心に地元求人について探してくれました。 リクルートからでない他社の求人で内定が出た時にも親身にアドバイスをくれました。とても感謝しています。(30代 男性)
    普通
    30代で初めての転職だったのでかなり不安でした。 事務経験と言っても業界によっても内容は異なるため、自分の経験が活かせるかどうかが重要でした。 そんな中、ネットで求人数が多いと評判だったリクルートエージェントに登録しました。 コンサルタントの方のアドバイスや紹介メールが届き、求人数を見ておおむね満足していましたが、応募してもなかなか面接に進まずつらかったです。(30代 女性)
    不満
    業界1位と評判だったので登録したが、事務職の求人もたくさん紹介されたが、希望や経験から難しそうな求人を無理に応募させようとするなど、強引なところもあり断ったら求人を紹介してくれなくなった。コンサルタントの問題なのか会社の体質なのかよくわからない。(20代 男性)

    マイナビエージェント
    詳細
    ★★★★
  • プロのコンサルタントがサポートしてくれるので相談や不安を解消してくれる
  • 業界別キャリアコンサルタント制なので、各業種に強い
  • 最後まできちんと力強くバックアップしてくれるので初めての方でも安心
  • 業界別にわかれており、とても見やすく使いやすいサイト
  • 利用者の声
    良かった
    事務職への転職を希望していた時にマイナビエージェントを利用しましたが、事務業に詳しいアドバイザーの方に担当になって貰ったお陰で助かりました。事務職に必要な経験やスキルを詳しく知る事が出来たので、転職にとても役立ちました。転職は初めてでしたが、ここは転職の為の説明会も頻繁に行っており、その説明もとても解かりやすく、面接にとても役立つ情報ばかりでした。事務経験が無かった私でも希望の条件で転職できたのは、マイナビエージェントのサポートのお陰だと思っています。(20代 女性)
    良かった
    初めての転職で不安でした!でもマイナビエージェントのキャリアコンサルタントの方々が、転職についてのノウハウや面接突破法を伝授してくれたので面接も緊張する事無く挑む事が出来ました。初めて利用したスカウト機能でしたが、事務職でのスキルを掲載した所、希望条件を満たす企業からの多くのオファーを貰えた事も転職を成功させる事が出来たので理由の一つです。マイナビエージェントほど転職サポートに力を入れているサイトは無いと思います。
    普通
    マイナビエージェントはキャリアコンサルタントをはじめ、スカウト機能や各業種別の説明会がとても充実してます。転職をきっかけに利用してみましたが、スカウト機能はオファー企業数が少ない為に、あまり意味がない様に感じました。各業種別の説明会も業種の種類が少なかったのが残念ですが、コンサルタントの面接対策や、各企業専門の知識を持っているのはとても参考になり、転職にも役立ちました。(20代 女性)
    不満
    スカウト機能を利用してみましたが、私のアピール方法が悪かったのか、オファーが全く来ずに意味のない結果に終わりました。各業種別の説明会も、IT業界の説明会ばかりが目立ち、希望の事務職での説明会が少なかったのが残念です。コンサルタントの方も、業種別に専門アドバイザーが居るという事でしたが、IT業界や特殊な業界を希望している方にとっては心強いかもしれません。私の様に、事務職などの一般業種を希望している方にとっては合わないサイトだと思います。(30代 女性)

    はたらいく
    詳細
    ★★★★★
  • 地域密着型の求人サイトで、地方の求人が多い
  • 会員登録で最新の企業情報が送られてくる
  • 30代、40代、50代が活躍できる求人が多い
  • 企業からのオファーが受けられる「らいく」という機能がある
  • 利用者の声
    良かった
    人柄登録の「らいく」機能にひかれて、はたらいくに登録しました。事務経験も乏しく、経歴もあまり自信がなかったもので、なかなか応募できませんでした。「らいく」は普通の応募よりもずっと気軽に送れるのでいいですね。「らいく」機能でレジュメと閲覧してくれた会社との面接が決まりました。転職活動、頑張ります!(26歳・女・会社員)
    良かった
    結婚を機に退職しました。でもやっぱり外で働きたい……と思い、転職活動を始めました。出来るだけ自宅に近い会社で働きたいと思い、地元に強いはたらいくに登録しました。事務職や販売職など、女性が働きやすい求人が多いのがうれしいですね。いくつか面接も決まりました。(29歳・女・求職中)
    良かった
    はたらいくで転職活動した感想としては、とにかくレジュメを充実させることが重要ですね。事務職で転職活動をしていたのですが、正直なところ、事務では社歴くらいしか見ていないと思っていました。何年働いていたとか……。なかなか面接に行けず、苦労しました。なんとなくレジュメを充実させたところ、企業からのアプローチもあり、スムーズに次の会社が決まりました。何度も言ってしまいますが、ポイントはレジュメです!(31歳・女・事務職)
    普通
    未経験で事務の仕事を探しています。販売からの転職です。「未経験だから伸びる。教育に力を入れている会社で働く」を中心に応募しているのですが、なかなか難しいです。競争率が激しいらしく、ほとんど経験者が採用されてしまうとか。こちらのわがままですが、「完全未経験でもOK」みたいなカテゴリー分けをもっと詳細にして欲しいです。(27歳・女・販売職)


    事務職に就きたい方のためのおすすめ一覧


     事務職への転職は男性もそうですが、女性には特に人気の職業といえます。
    事務職といってもその業務は幅広く、会計処理、給与処理、各種伝票処理、そして電話対応など様々な業務を行っています。
     そして、現在はどの企業も事務職の人員を削減する方向に進んでいるといえます。
    伝票処理などは、派遣社員に任せる企業もありますし、外資系企業などは給与処理を賃金の安い国のサービス会社に任せているところも多いのです。
    その場合は給与明細がメール添付で来ることもあるようです。


     このように企業の中でも削減しやすいのが事務職でもあるのです。
    ネットなどの求人サイトでは、事務職の募集はたくさんあるのですが、経験者求むと書いてあることがほとんどです。
     ただしその経験というのが曖昧なのです。たとえば、パソコンのスキルがあること。というのが最たるものでしょう。
    多くの場合、これはパソコン検定資格取得者という意味ではありません。
    普通にファイルを開くことができて中の文章を修正できたり、エクセルなどもファイルを開いて、中のデータを修正して保存することが出来る程度のスキルで十分です。


    他には会計処理ができる人、というのがあります。これは簿記の知識が最低限必要ということですね。事務に転職希望であれば、簿記の知識は必要だと思います。
     パソコン検定も簿記の2級などは比較的簡単に取れますので、事務職に転職を希望している人はこの二つの資格は取得しておいたほうがいいと思います。
    この二つがあれば、求人サイトで人材登録をしておけば、企業側から照会があるかもしれません。まずは企業側から会ってみたいと思わせたらほぼ決まったようなものでしょう。
     事務職は、コツコツと確実に仕事をこなせる人に向いているといえます。真面目で実直、これが事務職のイメージであり、企業の中の縁の下の力持ちといえるのです。